5,500円以上で送料無料 / 特装本・サイン本あります



妖怪萬画 第2巻 絵師たちの競演編

通常価格 ¥1,650

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

なぜ、怖いはずの妖怪が、かくも愛嬌たっぷりに描かれたのか?
日本美術史の最後の砦、妖怪画のなぞを解く。

その大衆性や、戯画的、あるいは風刺的表現が見られることから、これまで美術史のなかでなかなかテーマとしてとりあげられることがなかった「妖怪画」。ところが、日本では古くから子供から大人までが親しんできた裾野の広い分野であり、自然信仰や各地域の伝承といった日本固有の土着文化や宗教と密接に関わる重要な主題でもある。本企画は、美術史のなかで本流としては語られてこなかった「妖怪画」の系譜をあらためて見直すことで、日本美術の持っているある笑いや遊びといった特徴的な側面を再考の契機となる。

妖怪萬画[第2巻]絵師たちの競演編

戯画的表現に富んで諷刺がきいた妖怪画は、大衆たちに圧倒的な支持を得た、いわば江戸時代のサブカルチャー。葛飾北斎や歌川国芳、河鍋暁斎を筆頭に、人気絵師がこぞって描いた妖怪画(浮世絵)を満載。

序文:椹木野衣
アートディレクション:祖父江慎

収録作品:江戸時代から明治初期にかけての人気浮世絵師、葛飾北斎、歌川国芳、月岡芳年、河鍋暁斎による妖怪画づくし。

---------------

Due to its popular appeal and caricaturish, satirical content, yōkai-ga (literally, pictures of monstrous creatures – yōkai) have been treated as a minor current within Japanese art history.
Enjoyed by the common people of Japan since ancient times, yōkai-ga have been valued also for their intimate associations with the nature beliefs and folk traditions that are the native culture and religion of Japan.
This publishing project is reconsidering the lineage of yōkai-ga in order to offer a fresh look at the distinctive aspects of comicality and humor in Japanese art.

妖怪萬画 第2巻

絵師たちの競演編

□ 文庫判
□ 総頁:256頁
□ 並製
□ ISBN978-4-86152-329-8 C2071

●English Page

送料:660円(離島、沖縄、北海道:1100円)、税込5500円以上は送料無料です。

代金引換 【現金で商品到着時にお支払い】:  代引き手数料弊社負担いたします。

商品の引渡時期:ご注文受付後、3〜4営業日でお届けいたします。

商品の引渡方法:お届けの日時、曜日の指定はお受けできません。お勤め先など、ご自宅以外の場所にお届け希望の場合は、ご自宅の住所・TELとお届け先の住所とTELの両方をご記入ください。

返品・不良品・キャンセルについて:返品・交換・汚損・不良品・誤送・乱丁等がございましたら、商品到着日より1週間以内に限り返品、交換が可能です。

返品期限:商品到着日より一週間以上経過しますと、返品・交換が出来ない場合がございます